メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始





            

   2013年ver.  

   今年の北海道出張は
海水温の上昇で大減産が確実視され、
不安でいっぱいな出発となりました。

今回は数年前からお世話になっている先様を訪ねて
神戸空港 → 札幌 → 小樽 → 函館 → 関西国際空港
の新ルートの探訪です。
 1日目

2日目

3日目

4日目




   1日目(9月2日・月曜日)  
  初日は、念願の神戸空港からの初フライトで千歳へ。
千歳でレンタカーを借りて札幌にある水産新聞社へ。
弊社へ何回も来ていただいている社長様と昼食をご一緒させてもらいました。
「又、おもしろい商品できたら記事にしてあげるよ」とありがたいお言葉をもらいました。
次は、札幌市内にあるこだわりの健康食品店を訪問。弊社製品を手に取って記念撮影。
初めてお目にかかれた宮下社長さんは思った通り博識のある方で、
食について色々とお話戴きました。
野菜を農場で自家栽培されており、食の安全には特に留意し、
ご自身で商品を厳選しているとのことでした。
最後に社長さんから無添加のおいしいソフトクリームをいただき、
次の訪問地小樽へ向けて出発しました。
 
      
           

  札幌自動車道に乗り約30分。
20年ぶりの小樽です。有名な小樽運河、北一硝子、洋菓子店などが所狭しと軒を連ねています。
訪問する昆布屋さんも広くない小樽で4店舗も展開する少々風変わりなお店です。
早速社長さんと名刺交換後、各店舗の案内と小樽観光へ出発。
名物社長さんの生い立ちから商売談義、昆布への思いと
時間を忘れる程のお話をさせて頂きました。
宿泊も社長が営む不老館というあやしげな宿に泊まることに・・・
夕食も社長と同席で楽しくいただきました。名物(たちかま、ホッケ)は絶品でした。
私の部屋は「不老不死の間」という名がついており
敗戦の玉音放送が流れてきそうな古いラジオなど思いっきりレトロな不思議なお部屋でした。
ただ出張前から治療中の歯がうずき出し、夜はあまり眠れませんでした。

 


         

   2日目へ続く  


ページの終了