メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始
            

   2013年ver.  

   今年の北海道出張は
海水温の上昇で大減産が確実視され、
不安でいっぱいな出発となりました。

今回は数年前からお世話になっている先様を訪ねて
神戸空港 → 札幌 → 小樽 → 函館 → 関西国際空港
の新ルートの探訪です。
 1日目

2日目

3日目

4日目




   3日目(9月4日・水曜日)  
  検品会場へ。
漁連で入札表を受け取るもあまりの品薄状態にガクゼンとする。
品質もあまり良くなく、今年は見送りか?
小安の倉庫を見せてもらうがやはり少ない。
小安から、黒口浜経由で恵山岬へと向かう。
黒口浜の景色を見ながら、弊社「昆布だし」を販売してもらっているJFえさんの理事さん宅へ。
一年ぶりだがとても歓迎していただいてうれしい限りです。
ここの理事さんは「昆布だし」の大ファンでいつも褒めていただくので
「昆布がたくさんあるのに何故昆布だしを使うんですか?」と聞くと
「使いたい時に使いたい分だけ使えるし、おいしいから」
「仲間の漁師もみんな使ってるよ」とうれしい返答が・・・
今年の昆布は?と聞くと
「今年は天然真昆布は全然なく高水温で腐って流れてしまったようだ」と
「ただ水昆布は沢山あるので来年は大丈夫」とうれしい言葉が返ってきたが、
最近の気象状況では手放しで喜べない。
それでは又、来年よろしくお願いしますとご挨拶して、本日の宿・ホテル恵風へ向かう。
 
      
   

  夜は昨年と同じく尾札部青年部の方々と懇談会です。
若い漁師さん達と直接お話できるのは本当にありがたいことです。
今回同伴の大阪と東京のお得意様も非常に喜んでいました。
本当にありがとうございます。
また昨年同様、船に乗せていただく約束をして閉会となりました。
3名でゆっくりと温泉につかり明日に備えました。
 
   4日目へ続く  

ページの終了