メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始


   2013年ver.  

   今年の北海道出張は
海水温の上昇で大減産が確実視され、
不安でいっぱいな出発となりました。

今回は数年前からお世話になっている先様を訪ねて
神戸空港 → 札幌 → 小樽 → 函館 → 関西国際空港
の新ルートの探訪です。
 1日目

2日目

3日目

4日目




   4日目(9月5日・木曜日)  
  夜中大雨で目が覚め心配でしたが、朝は天候が回復しており、海中温泉へ出発。
朝食後、尾札部浜へと向かいます。

朝9時、心配は他所に青年部の皆様は船を用意して待ってくれていました。
他の二人の喜びようは今でも目に浮かびます。

早速、船に乗り出航!
 
         
  天然1年水昆布    天然2年成昆布    1年促成昆布    2年養殖昆布(残念ながら種落ち)   
      
       

尾札部浜も同様、
天然・養殖の夏を越す
2年昆布が少なく、
養殖は高水温で3年続きの
不漁が決定的なようです。
水昆布はそこそこあるよう
ですが年明けまで何とか
成長してくれれば
というお話でした。
無事を願うのみです。
丘へ上がってからは
昨年もお伺いした
漁師さん宅へ。
しゅうま君は一回り大きく
なっていました。
笑顔がかわいいですね。
日本一の昆布、今年の
尾札部天然元揃昆布を
見せてもらいました。

青年部の方々と
来年の再会のお約束と
豊漁をお願して帰路に
つきました。

今年は事前の予想以上に昆布が少なく値段も上がり、つらい年になりそうです。
弊社倉庫に眠る昆布達を大切に使っていく気持ちが増々強くなってきました。
中々終わらない夏をうらめしく思いながら、今年の探訪記を締めたいと思います。
長々とお付き合いありがとうございました。
 
  2013年探訪記TOPに戻る  

ページの終了