メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始


            
   2014年ver.  

   昨年は不漁の為、黒口浜天然真昆布の入荷はゼロでした。
今年の道南地区は豊漁の予測で、
期待して函館へ向かいました。

また、今年の参加者は過去最多の7名と
にぎやかな訪問となりそうです。
 1日目

2日目

3日目

4日目




   2日目(8月28日・木曜日)快晴  
  2日目は早朝から小安漁港へ。
総勢7名の海上研修です。
人数が多い為3隻に分かれました。
 
          
         
  晴天の中いざ出港!
私は息子と娘と一緒です。
  いよいよ昆布採りの
始まりです。
  第1弾があがりました。   続々と昆布が
揚がってきます。
 
         

          
         
  昆布が朝日に輝いて
とても綺麗です。
  おっと、息子が
昆布採りに参加です。
  水昆布(1年もの)が
あがりました。成昆布
(2年もの)と比べると
とても薄いです。
  今では高価な
ガゴメ昆布も揚がりました。
 
         

          
         
  娘は船首でごきげんです。   ウニも一緒に揚がって
きました。ウニは昆布が
大好物なのです。
  家内はお得意先様と
指揮者の船に同乗して
海上を疾走していました。
  上陸後は漁師さん宅で
作業場の見学です。
 
         

          
         
  機械温風乾燥と
天日乾燥を見学。
  昆布の成形@   昆布の成形A   午後、大沼公園で遊覧船に
乗船。駒ヶ岳をのぞむ。
 
         
      
         
    家族で記念撮影。     臼尻の漁師さんの
倉庫にて。
倉庫はこんぶでいっぱい。
白口浜は久方ぶりの
豊作のようです。
 
         




  3日目へ続く  


ページの終了